ポリ袋の提供を通じて世を照らす存在でありたいと願っています

中川製袋化工株式会社

ポリ袋/ポリチューブ/紙袋/包装紙の製造・販売

プレエントリー説明会予約

私たちの事業

当社は昭和4年、紙袋メーカーとして創業しました。

その後は、包装用品の専門メーカーとして歩みを続け、
現在では大手ポリ袋メーカーと呼ばれるまでに発展しました。

生活に欠かせないレジ袋からゴミ袋、その他さまざまな
”袋”の製造メーカーとして社会に貢献しています。

これまでに培った独自技術とノウハウを活かしながら、
ユーザーの皆様に喜んで使用していただける商品の供給に努めてまいります。

  1. ポリ袋の提供を通じて世を照らす存在でありたいと願っています

    ポリ袋の提供を通じて世を照らす存在でありたいと願っています

    当社は昭和4年に紙袋メーカーとして創業。お客様の要望にお応えできる包装用品を造り続け、今では「大手ポリ袋メーカー」と呼ばれるまで発展を遂げました。「包む」とは人との繋がりを大切にした贈りもの、受け取る「まごころ」の文化であると考えています。当社はその「まごころ」を常に心にとどめ、「あたりまえ」の製品造りに励み、使う方々に快適を提供しながら社会に貢献することを誇りとしています。また、社員には基礎の徹底と能力の向上を推進することで、成長とステップアップができるフィールドを提供。ポリ袋の生産を通じて、太陽のように世の中を照らし続ける存在となるよう、社員一丸となってこれからも努力を続ける所存です。

  2. 日本全国に商品をお届けできる体制を整えています

    日本全国に商品をお届けできる体制を整えています

    当社は、本社が併設されている広島の大竹工場を始めとして、中日本エリアに長浜工場、東日本エリアに仙台工場を構えており、日本全国に商品をお届けできる体制を整えています。営業所は福岡から大阪、東京と主要都市にありますので、営業スキルを身につけたい方にはピッタリのお仕事です。また、社員の成長がお客様の要望に応える製品を造ることに繋がると考え、人材育成には特に力を入れています。社員教育や技術教育を積極的に推進し、スキルアップができる環境と活躍できるフィールドをご用意。工場では先進的な技術を駆使し、安心・安全な製造ができる設備を導入しているため、どの企業より商品のことを真剣に考えながら業務を行っています。

  3. 「あたりまえの製品」を当たり前に造る努力を惜しまない企業です

    「あたりまえの製品」を当たり前に造る努力を惜しまない企業です

    当社は優れた製品を造ろうと思う前に、まず「あたりまえの製品を造る」努力を惜しまない企業でありたいと考えています。あたりまえの製品とは、千枚造ったものが千枚とも使える製品であり、もし1枚でも使えない製品があった場合、それはあたりまえの製品とは言えません。あたりまえの製品ができてこそ、その先にある優れた製品が造れるのです。お客様に喜んで使っていただける製品を、定期的に供給することを最優先に考えており、どの企業よりもポリ袋のことを深く追求。また、安全性と信頼を提供するため、先進的技術を積極的に導入しています。これらの努力により、多彩で機能的な製品の提供が可能となっています。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

仕事内容

【営業職】
主に既存取引先に対してのポリエチレン袋、
チューブ及び関連商品の営業活動を担当していただきます。
(受注、集金、新商品紹介など)

募集職種

先輩社員紹介

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

採用情報

求める人物像・選考基準

true

【求める人物像】
●真剣に仕事に取り組める人
●コミュニケーション力のある人
●人の意見を聞くことができる人
●明るく元気に挨拶のできる人

当社は昭和4年に紙袋メーカーとして創業以来、
常にお客様のご要望にお応えできる包装用品を造り続けてきました。

「包む」とは人との繋がりを大切にした贈りもの、
受け取る「まごころ」の文化であると考えています。

当社はこの「まごころ」を常に心にとどめ、「あたりまえ」の製品造りに励んできました。

★今回募集する職種は「営業職」となります。

当社の製品をお客様に提案し、受注から集金まで
一連の営業活動を行っていただきます。

お客様のご要望にお応えできる提案力も必要ですが、
しっかりと話を聞く姿勢が何よりも大切です。

仕事に真摯に取り組むことによって、
お客様と信頼関係を築くことができる人、
そして明るく元気な仕事姿勢で応えられる方の応募をお待ちしています!

続きを見る

会社情報・採用情報

会社情報

事業内容ポリ袋、ポリチューブ、紙袋、包装紙の製造・販売
設立1939年
資本金1億円
従業員数330名
売上高100億円
代表者代表取締役社長 中川 兼一
事業所【本社・大竹工場】
広島県大竹市港町1丁目5-1
TEL:0827-57-2105/FAX:0827-57-2589

【福岡営業所】
福岡市博多区博多駅東1丁目16-8 ITビル5F

【長浜工場】
滋賀県長浜市祇園町字対ノ御前773

【大阪営業所】
大阪市中央区今橋2丁目1-10

【仙台工場】
宮城県名取市増田字関下300-1

【東京営業所】
東京都中央区日本橋室町1丁目9-12
沿革昭和4年 中川竹一商店の事業の一部としてタイヨー印刷袋工場として創業
昭和14年 資本金19万8千円とし中川商事株式会社を設立
昭和33年 東京都荒川区町屋に東京工場を建設、東京営業所を統合
昭和34年 大阪市城東区今福南に大阪工場を建設、大阪営業所を統合
昭和36年 東京工場を埼玉県桶川市朝日に移転し設備を強化
中川製袋化工株式会社に商号変更
昭和41年 名古屋市外西枇杷島町に名古屋工場を建設
昭和42年 福岡市博多区吉塚に福岡工場建設、福岡営業所を統合
昭和45年 本社工場を大竹市港町軽工業団地に移転
昭和51年 宮城県名取市増田に仙台工場建設
昭和55年 横浜市金沢区幸浦、横浜流通団地に横浜配送センターを開設
昭和57年 三菱油化株式会社と業務提携実施
昭和62年 東京営業所を中央区日本橋大伝馬町に移転
平成2年 横浜市西区北幸に横浜営業所を開設
平成4年 札幌市北区北七条西に札幌営業所を開設
平成6年 本社ビル完成
平成7年 滋賀県長浜市祇園町に長浜工場建設、名古屋・大阪両工場を統合
平成9年 名古屋営業所を名古屋市中区丸の内に移転
平成15年 高一商事(株)及び大豊フィルム工業(株)の全株を取得し子会社とする
平成21年 高一商事(株)と大豊フィルム工業(株)の合併によりNTフィルム(株)に商号変更
ホームページhttp://www.nakagawaseitai.co.jp/

採用情報入社後のモデルケース

大卒 : 営業職
採用人数今年度予定 6~10名
昨年度実績(見込) 1~5名
初年度
月収例
月19万円程度(月給制)
選考例
  1. WEBエントリー締切 随時

  2. エントリーシート締切 随時

  3. 説明会随時

  4. 面接随時

  5. 内々定随時

応募・選考時
提出書類
OpenES、履歴書、成績書
その他の
ポイント

育休取得率90%以上、育児・介護制度利用率50%以上、家族手当あり

連絡先:
中川製袋化工株式会社
〒739-0621 広島県大竹市港町1丁目5-1
TEL:0827-57-2105/FAX:0827-57-2589